執筆を開始したときには、まだ法律が施行されていないものもあり、日々、動向を気にしながらの執筆でした。
そんなわけで、苦労して完成させたので、校了を迎えたときは、ホッとしたような、でも不安がまだ残っているような複雑な気持ちでした。
納品先の皆様方のお役に立てたら幸いです。